> 
 > 
地域社会に密着した輸送と活動

地域社会に密着した輸送と活動

 

物流ニーズへの対応と輸送の効率化

トラック博士  「2001年にアジアのナンバーワンの物流サービスの提供」を目指した総合物流施策大綱が政府閣議で決定したのが平成9年4月。これにより流通業界への期待は特に高まりました。その後、ハードとソフトの一体化による効率的で、環境にやさしい物流システムの構築を積極的に推進中。
こうした状況下で、トラック運送業界にも大きな流れが起こり、アウトソーシング(外部委託)やサードパーティーロジスティクス(物流業務の受託)などの強力なニーズを背景に、荷主に対して積極的にコンサルティングや営業提案を行っていく動きが活発になっています。
また、鉄道・内航海運・航空とトラックとの連携輸送によるマルチモーダル施策の推進、トラックの積載効率の向上を図る共同運行や共同集配、車両の大型化など、あらゆる角度から物流サービスの、新しい未来を拓いています。

 

輸送サービスの向上と消費者保護対策

 サービス向上の為、相談窓口を設置(本部・支部)しています。
引越利用も含め、トラブル防止、苦情処理などにあたっています。地域社会に根ざし、きめ細かなサービスをめざし質の向上を一層図りたいと考えています。
電話画像

 

災害時における緊急救援物資の輸送

阪神大震災の被災地で活躍する(社)大阪府トラック協会の緊急支援物資輸送車  阪神大震災の教訓を受け、毎年各支部単位での緊急物資輸送の訓練をはじめ、行政機関による各種訓練に参加・実施しています。また、大阪府トラック総合会館内に防災行政無線設備を設置し、非常時の緊急連絡体制の基盤整備を図っています。

 

事業の概要へ