> 
 > 
適正化事業について

適正化事業 ─適正化事業について─

 

 貨物自動車運送事業(トラック運送事業)は、国民生活や産業活動を支えるという重要な役割を果たしており、公益性の高い事業です。トラック運送事業が健全に発展し、公共の福祉を増進するためには、違法行為をなくし、輸送秩序を確立することが不可欠です。

 

地方適正化事業実施機関

 

 平成2年12月1日に施行された貨物自動車運送事業法によって位置づけられた「適正化事業指導員」が、事業者への巡回訪問及び街頭パトロールなどを通じて、輸送秩序確立のための指導及び啓発活動を行っています。

 

事業内容

 

(事業者に対する指導)

 巡回指導および街頭パトロールなどを通じて、事業者に注意を喚起するとともに指導を行います。
 現在、大阪府トラック協会では、指導員が府下の全事業者対象に3年に1回の割合で、各事業所を巡回しています。巡回の際には営業所、車庫等の施設の確認、業務関係書類などの帳票類の確認などを行い、指摘事項があれば改善をお願いしています。

 

(白トラ防止のための啓発)

 

 自家用自動車による営業類似行為(いわゆる白トラ)を防止するための啓発活動を行います。

 

(秩序確立のための啓発と広報)

 荷主懇談会などを通じて、貨物自動車運送事業における秩序を改善し、確立するために荷主業界に対して広報活動をしたり、貨物運送取扱事業者に対して啓発活動を行います。

 

(苦情の処理と指導)

 荷主から不当な運賃料金や過積載を強要されたといった、事業者からの苦情を受けて、その荷主に対して協力を要請します。また、引越運送や宅配便などの一般利用者からの苦情も受けて、事業者に対して指導します。

 

(行政に対する協力)

 無許可事業、過労運転、過積載、名義貸しなど、悪質な法令違反について、行政に情報を提供したり、行政機関が実施する街頭取締りに対して協力して活動します。

 


 

事業の概要へ